島本和彦主催[HOOP HYSTERIA]バスケットボールファンクラブ
FIVE STAR バスケットボールキャンプ
参加者募集中内容/目的特典活動実績開催記録開催地募集キャンプ報告キャンプの作り方

BUILDING THE FIVE-STAR-CAMP
〜ファイブ・スター・キャンプの作り方?(5)〜

上岡麻梨
その1その2その3その4その5その6その7

待ちぼうけ

ようやく特例ということで体育館の予約が取れた。
必要な書類がないか、仕事の合間に市役所に寄ってみると、いつも通り担当者は不在(本当にお忙しい…)。別の職員さんに書類のことを聞くと、出先に電話を入れてくれ、担当者から説明を受けつつ、予約申請書・利用料の領収書付を渡してくれた。
そこには、市役所側が記入する体育館の利用料の欄があった。利用者が市の団体か、個人か、また利益につながる料金を取る催しかどうかで、料金が変わるからだ。ここを含め、あとで説明すると担当者から言われたが、数日間音沙汰なし。 取りあえず、開催日時や代表者など、書けるところをうめて、直接聞きに行った。が、またもや不在。(まぁ、電話をしてもつかまらないのにごうを煮やし、仕事で近くに行った時に寄っていたのも、悪いと思うが…)とにかく、不在。また別の人に聞くと、料金部分を担当者に記入させるので預かるとのこと。その日のうちに完了すると思い、書類上部にある提出日に当日のものを書き込み、帰宅した。

この日から…1か月…連絡なし!。

料金を書くだけのはず。
連休明けの火曜日、こちらから電話。「月曜が祝日だったため、本来休館のところ開館したので、変わりに今日閉館しています。ですので、料金は明日、体育館に聞きます。」と担当者。う〜ん…、1か月もの間、なんにもしていなかったということか。
水曜日、こちらから電話。「今日は館長が休みなので、まだわかりません。明日の午前中に聞いてみます。」
木曜日、料金と、市の広報に開催のお知らせが載せられるか聞いた。「おそらく¥12,600です。広報は、市役所の各課からのお知らせが主で、個人にさくスペースはありません。」
金曜日、午前中に電話。書類ができているか聞くと、ちょうど体育館にいるとのこと。担当者「9〜17時で¥12,600です。ところで、参加費は事前に集めますか? それとも、当日体育館で集めますか?」
「当日に支払う人もいます。」(私)
担当者「そうなると、ちょっと料金が高くなります。」
「は? 事前でも参加費集めるのに、それが当日になると高くなるんですか? 意味わからないんですけど。」
担当者「(後ろでどなたかとごにょごにょ)¥12,600でいいです。」
やっぱり、意味がわからない…。
体育館に書類を受け取りに行く。私が記入した提出日には横線が引かれ、今日、9月22日の日付。ひと月と10日が経っていた。
そして、開催日は12月9日…3か月を切った。(続く)


←戻る次へ→